芸能・エンタメ

【相葉マナブのロケ地】信州そばはどこ?長野の飯田綱町で収穫!




2021年11月28日放送のテレビ朝日『相葉マナブ』は『マナブ!超美味しい信州そばを打打ちたい!&釜₋1グランプリ』のタイトルで放送されます。

絶品の超おいしいそばを一から作るためそばの実を収穫するところから行うということでロケ地はどこなのかきになりますよね。

相葉君のかっこいいそばを打つ姿もみれるようですよ!

そこで今回は絶品信州そばのロケ地になった撮影場所を調査してみました。

この記事でわかること

・相葉マナブ『マナブ!超美味しい信州そばを打打ちたい!』のロケ地

・相葉マナブ『マナブ!超美味しい信州そばを打打ちたい!』のロケ地とは




相葉マナブロケ地の信州そばはどこ?

11月28日放送の相葉マナブ『マナブ!超美味しい信州そばを打打ちたい!』は長野県飯綱町ということがわかっています。

相葉君がそばを打つということです!

かっこいいですね~!

コンバインを使用してソバの実の収穫から行い、ソバの実からそば茶を作ったりそばがきやそばおやきというそば粉を使ったアレンジ料理をつくるということで、おいしそうですよね~!

番組をみたところ、ひたすら自然の中で料理していました。

後ろに緑の木がたくさん映っており、森の中のような場所でそばを使ったガレット等おいしそうな料理を作っていました!

自然の中で机や料理器具を用いて作る料理はとてもおいしそうでした!

以前の放送ではよこ亭がロケ地

実は相葉マナブで長野がロケ地になってそば作りをするというのは初めてではありません。

2017年11月にはよこ亭がロケ地となりました。

2017年にも相葉マナブでは長野でそばの撮影をしたことがあり、そのときによこ亭の平塚さんという方が登場しており、相葉マナブの信州・長野のおいしいお蕎麦といえばよこ亭なんです!

よこ亭のホームページはこちら

よこ亭の平塚さんはこちら。

おそばもめちゃめちゃおいしそうです!

口コミによると飯綱町産の知粉を100%しようしており石臼で引いた超本格そばなのでコシがとってもいいとのことですよ。

2017年11月の放送時は相葉君と二宮君でそばの収穫をしてそば茶をつくったということです。

こういう話を聞いていると、年越しは信州そばを食べたくなりますね!

 




相葉マナブロケ地の長野県飯綱町とは?

長野県飯綱町は長野県北部にあるのどかな町です。

人口約1万2千人で市街地から車で30分ほどの場所にあるところです。

寒暖の差が大きいのでおいしいりんごの栽培地として有名で一面りんご畑が広がっているとのこと。

町内にはいいづなアップルミュージアムやスキー場もあります。

空気が澄んでいて水も綺麗なので信州そばももちろんおいしいです。

四季折々の自然を楽しめる長野県飯綱町、ぜひいってみたいですね!




まとめ

11月28日放送の【相葉マナブのロケ地】の信州そばはどこ?ということで長野の飯田綱町という内容でした。

長野の飯田綱町でそばの実を収穫し、そば茶を作ったりそばのアレンジ料理をする内容の回になりとてもおいしそうでした!

長野県飯綱町のよこ亭は相葉マナブに以前にも登場したのですが11月28日はよこ亭がロケ地ではありませんでした。

ひたすら緑豊かな自然の中で相葉君がおいしそうなそばの料理を作って食べるという回でした。

りんごの栽培でも有名で自然と空気がキレイな長野県飯綱町、行ってみたいものです。