都議会報道ページへのボタン
トップ>トピックス>新銀行東京問題 |09/05/30

新銀行東京 赤字105億円 3月期決算

新銀行東京本店(新宿区) 経営破たん状況にある新銀行東京(本店・新宿)は29日、09年3月期決算を発表し、この1年間に105億6500万円の純損益を出したことが明らかになりました。開業以来4年連続の赤字決算です。3月末の中小企業への貸し出し比率は昨年同月の40・8%から30・6%へと大幅に低下しました。同行が1年間に実施した新たな融資は473億円で、このうち中小企業には210億円(44・4%)にとどまりました。3月末の融資残高は1684億円で、うち中小企業向けは516億円、30・6%で、開業1年目(06年3月期)の62・5%の半分以下です。津島隆一代表執行役(元・都新銀行設立本部長)は同日開いた記者会見で「経営再建は着実に図られている」とのべました。
  新銀行東京は石原慎太郎都知事の肝いりで、都が1000万円を出資して設立されましたが、ずさんな融資などで昨年3月に1016億円の累積赤字を抱え、その結果9月に1016億円を減資し、都の出資分855億円を棄損。その後、都から400億円の追加出資を受け、6あった店舗を一つにするなどのリストラを実施しています。
 都議会では唯一、新銀行東京の設立に反対した共産党都議団は、都は一刻も早く銀行経営から手を引くよう主張。都民の税金を無駄にした石原知事と、これに賛成し推進してきた自民、民主、公明などの「オール与党」の責任を追及しています。