都議会報道ページへのボタン

トップ>カテゴリー>平和・基地 |09/08/24

清瀬市で平和祈念フェスタ  財界人の品川氏が講演

品川正治さん 清瀬市で品川正治さん(経済同友会終身幹事)による講演会「今こそ語りたい戦争体験~平和とくらし~」が開かれました。市の公募市民委員による実行委員会主催の「平和祈念フェスタ」の企画の一つです。 品川氏は心に負った深い傷のために長年語れなかった自らの戦争体験と、それを語れるようになった感動的なエピソードを紹介。「戦争を起こすのも、それを止めることができるのも人間だ」と強調。中国からの復員船のなかで憲法9条(草案)を読んで「戦死した戦友も浮かばれる」と感動した思い出も語りました。 その上で「戦争を国家の目でなく、人として許されないという人間の目で見る世界で唯一の憲法だ」と指摘し、憲法改悪の動きを批判。「年越し派遣村」と政府と財界が進めた「規制改革」などの経済問題も「人間の目で見てほしい」と強調。「総選挙まであと一週間。国民一人ひとりが主権者ということをはっきり意識して行動してほしい」と結びました。清瀬市が広島平和記念式典に派遣した小中学生10人による、報告も行われました。