都議会報道ページへのボタン
トップ>カテゴリー>平和・基地 |09/05/27

都議会 北朝鮮の核実験に抗議

 東京都議会は26日、北朝鮮が2回目となる核実験を強行したことに対し「核兵器廃絶に向けた国際社会の取組を無視した暴挙」だとして、厳重に抗議する声明を発表しました。都議会の正副議長、全会派幹事長が共同で出しました。
 声明は、1回目の核実験(06年10月9日)に続き、2回目を強行したことについて「明らかに国連決議違反であり、平和と安全を希求する我が国のみならず、北東アジア及び国際社会に対する重大な挑戦である」と強調。日本政府に対し「再び北朝鮮が核実験を強行することのないよう、追加制裁などの国際社会と連携した措置を強化しするとともに、国際的な協議の場で解決していくことを強くもめる」としています。