都議会報道ページへのボタン
トップ>カテゴリー>都民運動|09/03/03

五輪招致で9兆円 おひな様も怒ってる! 新婦人都本部がひなまつり行動

新婦人ひなまつり行動 都民要望に背を向け、オリンピック招致をてこにした大型開発には9兆円を大盤振る舞いする石原都政に、おひなさまも怒っている!新日本婦人の会東京都本部(上伸子会長)は3日、大型開発優先で都民に冷たい石原都政に抗議し、廃止条例案が都議会に出ている3つの都立小児病院の存続や30人以下学級の実現、築地市場移転中止など、切実な要望を実現しようと「ひなまつり行動」に取り組みました。 行動は学習会や都議への要請、新宿駅西口での宣伝・署名活動など多彩。宣伝・署名活呼びかけにこたえ署名する人動には80人が参加し「不況と貧困から子どもを守ろう」と書かれたピンクのビラを通行人に手渡しました。小児病院の存続署名に応じた女性は「子どもの命は重い。税金は五輪招致より小児病院を残すために使ってほしい」と話していました。